そば

【そば】出雲そば by 献上そば 羽根屋

羽根屋が展開する献上そば 「出雲そば」をご紹介します。

献上そばとは?

明治40年5月27日、大正天皇がまだ東宮の御時、山陰地方に行啓され出雲市にご宿泊になった折、羽根屋のそばを提供しました。

田園の香りをうつしたその風味がことの外御意に召し、それ以来この蕎麦に「献上蕎麦」の名をお許しになりました。

その後、数々のご皇室の方の御食膳に供し、今日に至るまで地元はもちろん、遠来のお客様にも大変好評の蕎麦となっています。

「出雲そば」を食べた感想

コシが強く、蕎麦の香りがしっかりと口の中に広がります。
ちょっと太めの蕎麦なので、のどごしはそこまで強くはありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です