ノート

ロイヒトトゥルム1917という洗練されたハードカバーノート

ロイヒトトゥルム1917(LEUCHTTURM1917)は、ドイツ生まれのハードカバーノートです。ハードカバーノートといえばモレスキンが有名ですが、ロイヒトトゥルムもじわじわと人気を集めています。万年筆で書いても裏写りせず、ハードカバーでページ数もたくさんある万能で頼りになるノートです。そんなロイヒトトゥルムをご紹介します!

ロイヒトトゥルム1917(leughtturm1917)

ロイヒトトゥルム1917とは?

少し読みづらい名前のLEUCHTTURM1917ですが、ロイヒトトゥルムと読みます。調べてみるとドイツ生まれでした。文房具大国ドイツで90年以上も歴史があるロイヒトトゥルム社の代表的なノートで、「永く保存する」という哲学の集大成として作られています。ハードカバーノートの王道といえばモレスキンですが、海外ではロイヒトトゥルムも大人気です。日本では一時期手に入れづらかったのですが、LOFTなどの大手雑貨店でもちらほら見かけるようになってきました。

ロイヒトトゥルム1917の愛すべきポイント

同封されている紹介冊子に特徴が記載されていて、なんと9つもチャームポイントを兼ね備えております。

  • その1. 各ページ番号が振られている Pagination
  • その2. ラベルシールが付いている Labels
  • その3. 紐しおりが付いている Pagemarker
  • その4. 万年筆でも裏抜けしない Ink Proof Paper
  • その5. 目次ページが有る Table of Content
  • その6. 収納ポケットがついている Pocket
  • その7. 最後の8シートが切り離せる 8 Sheets perfo rated
  • その8. 酸化しない紙 Acid free paper
  • その9. 糸とじでぱたんと開く Thread-bound

ロイヒトトゥルム1917のラインナップ

罫線は、「横罫」「方眼」「無地」「ドット」の4種類あり、サイズも「Master」「Medium」「Pocket」「Reporter pad」の4種類あります。

手帳のラインナップも豊富で、1週間ごとのスタンダードなものから、最近流行している1日1ページ書けるものまであります。

他にもノートだけでなく、メモパッドやアドレス帳などさまざまな紙製品が揃っています。また、ロイヒトトゥルム専用のペンループもあるそうで、ハードカバーノートにぴったりです。

ロイヒトトゥルム1917のカラーナインナップ

2018/7/22(日)現在で、Amazonで発売されているカラーバリエーションは以下です。

ロイヒトトゥルム1917(leughtturm1917)
ロイヒトトゥルム1917のカラーバリエーションロイヒトトゥルム1917には、たくさんのカラーバリエーションが揃っています。鮮やかな派手めな色から、落ち着いていて重厚な色の中から、好み...
ロイヒトトゥルム1917の新商品は赤が際立つレッドドットロイヒトトゥルム1917(LEUCHTTURM1917)の新作アイテム「レッドドット」は、天・地・小口が真っ赤で、その名の通りドットの色...

通常版

  • アイスブルー
  • アジュール
  • アントラシート
  • アーミー
  • エメラルド
  • オレンジ
  • カッパー
  • ゴールド
  • サンド
  • シルバー
  • ニューピンク
  • ネイビー
  • ノディックブルー
  • パープル
  • フレッシュグリーン
  • ブラック
  • ベリー
  • ホワイト
  • ライム
  • レッド
  • レモン
  • ロイヤルブルー

新商品「レッドドット」版

  • アントラシート
  • アーミー
  • ロイヤルブルー

ロイヒトトゥルム1917を実際に使ってみた感想、モレスキンとの違い

日本だとハードカバーノートといえばモレスキンが有名ですが、世界ではロイヒトトゥルムの方が人気を集めています。

見た目はそっくりなロイヒトトゥルムとモレスキンの具体的な違いをまとめてみました。

ロイヒトトゥルム1917を実際に使ってみた感想、モレスキンとの違いロイヒトトゥルム1917(LEUCHTTURM1917)は、ドイツ生まれのハードカバーノートです。日本だとハードカバーノートといえばモレ...

ロイヒトトゥルムの書き心地・裏写りチェック

書き心地と裏写りしてしまうかはノート選びに欠かせません。

ボールペンと万年筆を使ってロイヒトトゥルムの書き心地と裏写りを検証し、他のハードカバーノート(モレスキンと紳士なノート)と比較した結果をまとめました。

ロイヒトトゥルム1917の書き心地と万年筆の裏写りチェックをしてみた書き心地と裏写りしてしまうかはノート選びに欠かせません。ボールペンと万年筆を使ってロイヒトトゥルムの書き心地と裏写りを検証してみました。...

ロイヒトトゥルム1917を購入するには?

日本で売っているお店はほんの僅かで、日本全国で20店舗ほどしかありません。ネットでも欲しいカラーが見つかったとしても、欲しい罫線の種類がなかったりと品薄な感じです。(好きすぎて直輸入したいのですがどうしたらできるのかわからず。。)
日本では一時期手に入れづらかったのですが、ネットでも実店舗でも購入しやすくなりました

販売店舗はこちらから
私はストラダエストというお店で購入しました。

二冊目からはネットで購入しています。

色やカラーやサイズによっては欠品していることが多いのでご注意ください。

まとめ

今回は、ロイヒトトゥルム1917(LEUCHTTURM1917)というハードカバーノートをご紹介しました!

ロイヒトトゥルムは、「ハードカバーで、ページ数がそこそこあってゴムバンドがついてて方眼で、さらに、万年筆も使えるようなノート」をぴったり満たしてくれる最高のノートです。

長い間、色々なノートを使ってきて、今のところ「ロイヒトトゥルム」に落ち着きそうです。みなさんも是非、使ってみてはいかがでしょうか?

ハードカバーノートをお探しの方、以下のまとめ記事もご参考下さい!

厳選したおすすめ方眼罫のハードカバーノートを比較してみた大学ノートに比べると高価なハードカバーノートですが、大切な情報を残したり・整理するのには欠かせないアイテムの一つです。私が今まで使用して...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です