ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250 by 堀 正岳

「ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250」のメモ。

時間の使い方を変える

  • 平均的な使い方からは、平均的なことしか生まれない
  • 小さいことから変えてみる
    • 毎朝5分間だけ文章を書く

“Fake it till you make it”

  • うまくいくまでは、うまくいっているフリを続けろ
  • 7つの習慣
    • 〜しなくてはならない → 〇〇することに決めた

思ったこと、感じたことを言語化する

  • 最初は「楽しかった」「面白かった」しか書けず、小学生の作文程度の表現しかできないかもしれない
  • 続けていくうちに表現力があがるはず

機会にはすべてイエスと言う

  • 映画「イエスマン」

目標を達成するための、小さな目標を作る

  • 習慣化することでいつの間にか・・・を目指す

時間の使い方を上手にするにはまずは把握

  • ルーティンメモ

時間の見積は失敗することを想定して2倍にしておく

  • 失敗というより、そもそも精緻化することが困難
  • 相手の期待値調整の意味合いでも、最初に盛っておく
    • 後から、「間に合いませんでしたー」 よりも、予想外に「早く終わっちゃいましたー」の方が気持ち良し

自分の黄金時間にドラゴンを倒す

  • 十分な睡眠を取った後目覚めて1〜2時間が最も集中力が発揮される
  • 黄金時間に最重要課題を潰す
  • 残りの時間で雑魚を片付ける

プランニングは「日・週・月」にわけて

  • 日: 予実管理
  • 週: TODO これ考える
  • 月: TODO これ考える

すべての予定はクラウドで一元管理

  • 予定は短く区切る
  • 10種類作る
    • 仕事(動かせない): 会議、 約束など
    • 仕事(動かせる): 自分の作業時間、 コアタイム
    • 家庭・個人(動かせない): 約束、 お迎え
    • 家庭・個人(動かせる): 外出予定など
    • 雑用: 郵便局、 銀行 などといった雑用
    • 移動時間: 予定の前後の移動時間の管理
    • 記念日: 誕生日、 結婚記念日、 命日など
    • 余暇: 遊び、 読書 などの時間割当
    • 成長: 学習時間
    • テンプレート: 起床、 就寝、 食事 時間 などの テンプレート
  • 余暇の時間も入れる
  • 1日のはじめにロード、1日の終りにセーブ

残業はいつでも非効率

  • 定められた時間内に成果を出すことが大切

アイゼンハワーのマトリクス

  • 緊急度と重要度
  • 7つの習慣でもあったが、緊急でないが重要なものの領域に使う時間を増やす

80:20の法則

  • 成果の80%を生み出す20%部分だとわかっている重要なタスクについては、必ず朝一番の最も集中力が高まっている時間を割り当てる
  • いまの自分は80%を生み出す20部分に取り組んでいるのか?を常に自問する

1日の最初の30分で一番回避しているタスクに手を付ける

  • うーん。これ、= ドラゴンだといいんだけど・・

5分間だけ取り組み、ダンジョンの大きさを知る

  • 不確定要素が多いタスクほど、まずは5分間だけでもいいから取り組んでみる
  • 見積の精緻化にも繋がる

パーキンソンの法則で「自分締め切り」を設定

  • 現実の締め切りよりもずっと前に自分の締め切りを設定して、そこに向けて作業する
  • その締切はもちろんクラウドで一元管理

1年の目標を横目に、四半期の目標を繰り返す

  • 1年の概ねの目標
  • それを実現するための四半期の目標
    • これを元に、月ごとのプランニングにブレイクダウン?
  • 四半期 ごとの締め日と調整の日程

Markdownで高速に文章を書く

  • どこに一元管理するのがよいか?
  • Macのメモが使いにくいが、Evernoteも嫌だ
  • Vimで完結したいが、可視性に欠ける・・どうしたものか。

ToDoリストの作り方

  • 「やるべきこと」 と 「できればいい」 ことは分ける
    • ToDoリストには必ずやらなくてはいけないことしか入れない
  • 具体的な行動としてやりきれる内容にする
    • 〇〇について勉強する
    • じゃなくて、数学の問題を1問解く
  • ToDoリストを不安のリストにしない
    • 案件を進める
    • 〇〇さんと合意形成
  • ToDoリストは、Macのメモで良さそう

やらないことリストを作る

  • 生産性 = 実行できる作業量 – 排除できる作業量
  • やらないことを明確にする
    • ソーシャルメディアは午後になるまで見ない
    • まとめサイトをみない

タスクに動詞を入れる

  • S.M.A.R.T方式
    • Specific(具体的)
    • Mesurable(測定可能)
    • Actionable(アクションの取れる)
    • Realistic(現実的で)
    • Time-Based(期限がある)

GTD(Getting Things Done)

  • 頭の中を空にすること
  • やるべきことをワークフローで処理する
  • 2分間ルール
    • 2分でできることはその場で片付けてしまう
    • 先送りを防げる
  • ライフハック好きには有名なメソッド
  • まだ良く知らない。

おわった仕事はテンプレート化する

  • プログラマチックですね。

48:12時間分割法

  • マーリンマンのダッシュ法
  • これよくわからん

シングルタスクを心がける

  • ポモドーロ的ですね。
    • 割り込みタスクはしない。
  • 待ち時間ができてしまったらどうしよう。(ビルドとか)

ポモドーロテクニック

  • 25分作業、5分休憩を繰り返す
  • 4セットに1回、ロング休憩を挟む

パソコンとスマートフォンの通知をすべて切ってみる

  • 集中力を保つためには、不必要な割り込みがゼロになる仕組みを作ること

タスクに点数をつけてバランスさせる

  • 予実管理に重要度の観点を追加
  • どれだけ身のあることを1日にこなすことができているかわかるようになる

スタンディングデスクで集中力を高める

  • これ、オフィスでやると恥ずかしい

睡眠の10-3-2-1ルール

  • 10時間前にはカフェインを控える
  • 3時間前には食事も控える
  • 2時間前には仕事をするなど緊張感を高める仕事を控える
  • 1時間前には液晶スクリーンを観るのをやめる

好きな音楽を入れたブースタープレイリストを作っておく

  • 好きな音楽のペースに合わせて仕事をすることで能率が上がることも研究明らかに

絶対に見落としてはいけないチェックリストを作る

  • 1度犯した過ちは、2度と繰り返さない
  • カンタンそうに見えて、実は難しい
  • 1箇所にまとまっていることが大切
  • TODO メモの仕組み化を考える

自動化できることは自動化する

  • テンプレート化と同じ

自動化の目安は節約時間ではなくて、利用回数

  • 毎日複数回行う作業であれば、数日つかって自動化してもOK

情報ダイエット

  • 大衆的な情報ではなくて、可能な限りマニアックな専門分野をもつ
  • TODO 自分の興味のある専門分野は何だろう?

情報を集めるタイミングと、読むタイミングをずらす

  • Pocket

フロー情報

  • 必須情報
  • スキャン情報
  • スキップ情報

Googleアラート

  • Google trends ならいれているけど・・

RSSで情報を一箇所に集約

  • TODO 情報収集のメソッドをまとめる

ディープワークの時間をとる

  • いまの自分の実力の少しだけ上の問題に取り組む

10000時間の法則

  • 差を生み出す場所をターゲットに練習する
  • Deliberate Practice
    • プログラミングを例にすると、ただ達成するだけではなく、最も洗練されたコードを書く練習をする
    • 何度も同じレベルのプログラムを繰り返し作る
    • 他人にコードを公開してよりよい方法を指摘してもらう

すべての発送はリミックスである

  • コピーし
  • 変容し
  • 合成する

ブログは情報アウトプットの最高トレーニング

  • 数年後の自分は別の自分だと考えて、 第三者が読んでも理解できるように文章を書くこと

Noといえないなら、Yes, butを取り入れる

  • これ大事
  • 簡単にYesとは言わない。できないことはNoと言う。
  • とにかく無理をしない。
  • 期待値調整大事。