投資

「みんクレ」っていう最大利回り14.5%の新しい投資のカタチ

みなさん、「みんクレ」っていう利回りがなんと最大14.5%の新しい投資のカタチをご存知ですか?マイナス金利に突入した今、大ブームになっているソーシャルレンディングという投資をご紹介します!

新しい投資の形「ソーシャルレンディング」とは?

金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた、フィンテックという金融系のITサービスが話題になっています。
そんなフィンテックの中でも、急成長をしているのがソーシャルレンディングです。
2005年から欧米でサービスが始まって以来、市場規模は拡大し続けており、世界では2兆円になると推定されています。
国内の市場規模は推定156億円とされており、これからどんどん伸びていく市場です。

新しい資産運用の仕組み「ソーシャルレンディング」とは?近年のフィンテックブームの中でも、急成長を遂げているサービスが「ソーシャルレンディング」です。日本ではまだまだ浸透しておらず聞きなれない...

簡単に言うとどんなサービスか?

ソーシャルレンディングは、「お金を借りたい会社に個人が投資できる」サービスです。
これまで、大規模で高利回りの投資案件は、機関投資家や一部の選ばれた富裕層の人しか参加できませんでした。しかし、ソーシャルレンディングを運営する企業がたくさんの個人投資家を集め管理することで、大型案件への融資が可能に。
直接ではないのですが、個人が高利回りで魅力的な投資案件に参加できるようになりました。

ソーシャルレンディングがなぜ大ブームなのか?

銀行の金利ってどのくらいかご存知ですか?
低金利時代の今、普通預金で0.001%、定期預金でも0.01%と預けても全くお金が増えないのが現状です。銀行が融資をしないそんなご時世に、政府がアベノミクスとしてテコ入れしているのが実は「ソーシャルレンディング」なのです。

政府は経済を動かすためには、新規企業や中小企業に金融面から支援する必要があると考えています。そこで、ソーシャルレンディング事業の参入・促進のための「金融商品取引法等の一部を改正する法律」が2014年に可決されました。安倍政権が続く限り政府主導で成長が見込める投資のカタチであるため、大ブームがまだまだ続くことが予想されます。

業界最高水準の利回りとキャッシュバックが魅力的な「みんクレ」

フィンテックブームもあり、新しいソーシャルレンディングの会社が増えています。
その中でも、びっくりするぐらい急成長しているのが「みんなのクレジット」です。
業界最高水準の利回りとキャッシュバックを実現しています。

最大利回りはなんと14.5%で、平均7〜10%の利回り案件がたくさんあります。
元本保証が無いのは事実ですが、元本割れした案件は2016年12月現在一つもありません。

新規口座開設するだけで2,000円のキャッシュバックが、さらに10万円投資すると4,000円のキャッシュバックが貰えてしまいます。
2ヶ月10%の利回り案件があったりするので、10万円を2ヶ月投資するだけで108,000円に。
100万円投資すると2万円ほどの利益になります。

株式投資やFX投資など、知識の必要な投資は難しそうと思う方でも、まずはキャッシュバック目的で口座開設してみてはいかがでしょうか?

びっくりするくらい高額なキャッシュバックはこちらから

10万円からの企業支援

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です