読書

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎)を読んだ感想

MQ会計とは、従来の制度会計ではなく、粗利総額(MQ)をもっとも重要な数値として「利益を創り出す」ための会計です。MQ会計を使うことで、貸借対照表や損益計算書などの複雑な財務諸表を使うことなく、シンプルでわかりやすい図形を書きながら事業がうまくいっているかどうか考えられるようになります。そんなMQ会計を学ぶのにぴったりな書籍「利益が見える戦略MQ会計」を読んでみた感想を記します。

利益が見える戦略MQ会計を読み始めた理由

MG(マネジメントゲーム)研修という、ひとりひとりが社長になって、ゲーム上で経営を体験する研修に参加してMQ会計と出会いました。

MG研修をうけることでMQ会計に関して便利だなと感じつつも、MQ会計を実際に使うまでにいたりませんでした。

事業がうまくいっているかどうか判断するために会計知識の必要そうだなという認識があり、しっかり勉強したいなと思い、読み始めた書籍が「利益が見える戦略MQ会計」です。

MG研修を考案した西順一郎さんが書いた本で、MG研修を思い出しながらMQ会計の理解を深めることを目標に読み始めました。

利益が見える戦略MQ会計を読んで学んだこと

制度会計(全部原価FC)の欠点

税務署に提出するための制度会計では、材料費に手間賃と経費を加えたものを原価(全部原価)として取り扱います。

全部原価の場合、まだ売上が上がっていない場合(製造業であれば、仕掛品)は、損益計算書の売上原価から控除されるため、その分、架空の利益として扱われてしまいます。

その結果、売れるかどうかもわからない、つまり、その金額で現金化できないかもしれないものに対して固定費などの費用が含まれてしまい、赤字として認識しないといけない場合も黒字になってしまうという欠点があります。

MQ会計の良いところ

MQ会計の良いところは、貸借対照表や損益計算書などの複雑な財務諸表を使うことなく、シンプルでわかりやすい図形を書きながら事業がうまくいっているかどうか考えられるようになることかなと思いました。

利益が出るか赤字になるかは「粗利総額と固定費のバランスで決まる」という、聞いてみればそうだなと思う内容ではあるのですが、制度会計だけではなかなか身につけづらい感覚です。

数字に強い、会計に強い人は、知らず知らず直感的にMQ会計のような計算をしているのかもしれませんね。

どの変数が割が良いか?を判断する方法

MQ会計では、5つの要素(価格、原価、粗利単価、数量、固定費)を独立変数として扱い、利益の最大化を目指します。

どの変数を改善するのがよいかの優先順位をつけるために「利益感度分析」を使います。

利益感度分析とは、利益額と4つの要素を固定して、設定した利益額を達成するにはある要素をどれぐらい改善しないといけないのか?を分析する方法です。

利益感度分析をすることで、「〇〇の変数を△△%改善できたら目標を達成できる」ということがわかります。

  • 単価を上げれば、利益も増えるっしょ
  • 割引きすれば、お客さんが増えるから儲かるっしょ

みたいな、感覚的な判断ではなく、定量的な数値を元に経営の意思決定をできるようになります。

まだ理解が浅いところ

まだ理解が浅く、自分の中で疑問なところをToDoとして記載します。

  • [ ] 原価と固定費をどう仕分けするか
    • 数量Qに比例するかしないかがポイントなのは理解できたが、まだぱっとしないない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です