投資

新しい資産運用の仕組み「ソーシャルレンディング」とは?

近年のフィンテックブームの中でも、急成長を遂げているサービスが「ソーシャルレンディング」です。日本ではまだまだ浸透しておらず聞きなれないサービスかもしれませんが、世界では2兆円の市場規模になると予想されています。今後、日本でも大ブームが予想される「ソーシャルレンディング」を徹底解説します。

ソーシャルレンディングの歴史

ここ数年日本でも、「フィンテック」という言葉を耳にする機会が多くなってきました。

フィンテックとは、金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、テクノロジーを駆使した金融サービスのイノベーションを指します。2013年頃から、ITベンチャーの聖地シリコンバレーで爆発的にスタートアップ企業が増え始め、投資規模は2015年に223億ドルに達しています。欧米でのフィンテックブームに遅れること、2016年から日本でもフィンテックブームが始まりベンチャーだけでなくメガバンクをはじめ大手金融機関が興味を持ち様々な形で参入してきています。リーマンショックで落ち込んでしまった金融業界ですが、テクノロジーの進歩により破壊的な業界革命が起きているのです。

そんなフィンテックの中でも、急成長を遂げているサービスが「ソーシャルレンディング」です。2005年から欧米で始まったサービスで、2016年の市場規模は世界で2兆円になると推定されています。国内の市場規模は推定156億円とされており、これからどんどん伸びていくと予想されています。

簡単に言うとどんなサービスか?

ソーシャルレンディングは、「お金を借りたい会社に個人が投資できる」サービスです。
これまで、大規模で高利回りの投資案件は、機関投資家や一部の選ばれた富裕層の人しか参加できませんでした。しかし、ソーシャルレンディングを運営する企業がたくさんの個人投資家を集め仲介役をすることで、個人が間接的に大型案件へ投資することが可能になりました。

ソーシャルレンディングがなぜ大ブームなのか?

銀行の金利ってどのくらいかご存知ですか?
低金利時代の今、普通預金で0.001%、定期預金でも0.01%と預けても全くお金が増えないのが現状です。銀行が融資をしないそんなご時世に、政府がアベノミクスとしてテコ入れしているのが実は「ソーシャルレンディング」なのです。

政府は経済を動かすためには、新規企業や中小企業に金融面から支援する必要があると考えています。そこで、ソーシャルレンディング事業の参入・促進のための「金融商品取引法等の一部を改正する法律」が2014年に可決されました。安倍政権が続く限り政府主導で成長が見込める投資のカタチであるため、大ブームがまだまだ続くことが予想されます。

ソーシャルレンディングのメリット

今、話題のソーシャルレンディングのメリットは大きく3つあります。

1. 少額からの投資が可能で始めやすい

今まで預金をしていた個人をターゲットにしているサービスなので、少額から投資を始めることができます。なんと1万円からの少額投資が可能なサービスもあり、株式やFXより始めやすい投資のカタチになっています。

2. 利回りの高さ

平均年利7〜8%の案件がゴロゴロしており、案件によってはなんと15%の利回りになることもあります。

3. 運用が安定していて分散投資しやすい

株式やFXなど日々の相場変動が大きい投資とは違い、長期的な安定した運用を実現可能です。利回りと運用期間を調整するだけなので、カンタンに資金を分散させて投資することができます。

ソーシャルレンディングのデメリット

1. 途中解約ができない

株式やFXなどは都度売買可能ですが、ソーシャルレンディングは途中解約することができません。

2. 元本保証がない

株式やFXなどに元本保証がないのと同じで、高利率の代わりに元本の保証がありません。しかし、日本のソーシャルレンディングサービスで元本割れの案件は未だ存在していません。

3. 具体的な投資先が不透明

ソーシャルレンディング会社からの積極的な情報開示がありますが、金融庁の指導による規制があるため具体的な投資先まではわからないのが現状です。

なぜ今はじめるのがベストなのか?

現在、日本で遂にソーシャルレンディングの成長期を迎えました。サービス会社が増えてきており、各社競争のため多額の資金を使ってユーザを集めているところです。したがって、ソーシャルレンティングを始めるなら今がベストなタイミングなのです。これには理由が2つあります。

1つ目は、各社圧倒的な高額キャッシュバックを用意していることです。各社初期ユーザにリーチするためバンバンお金をつぎ込んでいる今だからこそ、高額キャッシュバックを受け取るチャンスです。

2つ目は、いい案件が揃っていて元本割れしにくい環境にあることです。ソーシャルレンディングのイメージアップを目指している中、大切な成長期の真っ只中に元本割れは絶対に起こしたくないはずです。融資先の企業を徹底的に調査・審査して、元本割れのリスクを限りなく小さくなるよう細心の注意を払っているでしょう。

だからこそ、ソーシャルレンディングをはじめるなら今がベストなのです!!
株式投資やFX投資など、知識の必要な投資は難しそうと思う方でも、まずはキャッシュバック目的で口座開設してみてはいかがでしょうか?

びっくりするくらい高額なキャッシュバックはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です